実家のかーさんと愛犬ウィル君

  • 2016.08.13 Saturday
  • 01:36

 ブランのお参りに来てくれたのは、ウィル君。

 譲渡前から亡くなるまで、

 そして今もずっとブランと私を見守ってくれている飼い主さんは、

 海外にお住まいの時も帰国時はお見舞いに来て下さっていて、

 当時、ブランの担当学生は、今は大学の先生として、

 動物たちのことを教鞭にとっています。ブランはこの方が大好きでした。

 他にも亡くなるまで見守って下さっていたのは2人。

 皆さん、本当に長い間、私とブランを良い生活へと導いてくれて感謝です。 
 

 ピンク色のレインウェアを着るウィル君。

 体調悪化してから外でしか排泄できないブランに雨天対策で購入したものの、

 外表示サイズと中身サイズが合っておらず、小さくて着られませんでした。

 返品するにもできなくて、どうしようかと思っていたのですが、

 なんと、ウィル君にピッタリサイズ!

 と、いうことで、形見分けで使ってもらうことになり、すごくホッとしました。

 ブランと何か話しているようなウィル君。やらせではありません。

 ウチの飼い主ってどんな人?って聞いてるのかも。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

ウェザーニュース

Book shelf

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM