プール開き

  • 2016.08.03 Wednesday
  • 02:15

 福島のセンターで収容されていた犬達。

 麻布大学 伴侶動物学研究室で、新しい家族と会える日に備えて、

 学生さん達が面倒をみています。

 プール開きをしたので、泳ぎましたよ!

 犬かきははじめからデキルわけではないので、

 溺れないようにタオルで後肢付け根あたりをサポートしながら

 泳ぎましたよ!

 この後ろ姿は、9歳のきなこおじさん。

 体に力が入って、ウンチがでそうな位、肛門が…
 

 ワカモノのシンバ。犬生初のプールかも。

 まぁまぁ泳げそうです。
 

 ふうは泳ぐのが上手です。

 浮くロープを使って自作で編んだオモチャをあげてみました。

 咥えるけど、咥えて泳ぐのは、まだ難しそうです。
 

 あんこさん、

 あら? あなただけシュチエーションが違う写真ですが…?

 

 活動できなので水陸両用タイプかと思ったら、

 なんと、水はニガテのようで、一瞬プールに入って、そのまま飛び出るという。

 すごい跳躍力!

 彼女は陸上部の模様。。。

 
 

 空き時間にプールで泳いだロダン選手。

 この方は水泳部です、ね。

 レトリーブはプールでもおてのもの。

 大学へはロダン同伴出勤できるので、

 ロダンの社会化の継続など、とても助かっています。

 

 みんな、新しい家族ができることを願っています!

 

 

     星麻布大学 伴侶動物学研究室 では、犬達の里親を募集しています。

      犬達の紹介はコチラ

      Lab. BLANC 森は、研究室での勤務もしておりますが、出張トレーニングは通常通り行っております。

 
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ウェザーニュース

Book shelf

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM