サードの先生へご報告に行きました

  • 2015.12.15 Tuesday
  • 01:15
 ブランのサードオピニオンをして下さった茅ヶ崎の
 高田犬猫病院の先生に亡くなった報告をしに行ってきました。
 9歳の時に胆泥症を発症したブランですが、先生のご指導で
 一旦完治し、その後2年間は良好で
 ホームドクターからはあまり例がないと言われました。
 ちょうど一年前の同じ日に診察していただき、もう、寿命であること、
 「いかに生きている間にQOLを保つか」を教えていただき、
 終末医療や看取りについて、沢山お話して下さいました。
 先生に出会えて、ブランを看取る心構えもできて本当に感謝です。

 星治療以外に、飼い主の心のケアができる獣医師はそんなに多くないです。
  自宅から遠いので通院はできませんでしたが、高田先生と出会えて本当に良かったと思います。
  もう、治らないのだし、寿命だからそのままそっと過ごして息を引き取るのが自然なのではないか?
  確かにそうなのだけど。ホームドクターのその考え方に途中でついていかれなくなっていたので、
  セカンドとサードの先生のご対応は、本当に飼い主の心に寄り添ったものだと思いました。
  「いかに生きている間にQOLを保つか」は、飼い主にとっても、命が終わっていく動物たちが
  呼吸をしている間にもとても大切で、飼い主としては亡くなった時の後悔などにもつながっていきます。
  私はブランの終末に望むことは、「苦しみや痛みが可能な限りないこと」でした。
  そして、最後の4ヶ月は、自宅近くのセカンドの先生と相談しながら過ごしました。
  この話は、別途またブログで綴りたいと思います。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ウェザーニュース

Book shelf

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM