犬の口腔ケア プロ向けセミナーワークショップ2

  • 2017.04.15 Saturday
  • 01:59

 ワークショップで超音波スケーラーを体験したメンバー達。

 プラークに見立てたマニキュアをスケーラーで落とすのです。

 失敗すると、爪が剥がれることになります *o*

 おっかなびっくりしながら力加減を調整していきます。

 そうそう、除光液は持ち合わせていませんので、

 スケーラーで落とせない場合は、そのまま帰ることになります。

 

 

 

 

 超音波スケーラーの感想。

 それは、爪の表面がかなりめくりとられるということです。

 表面は凸凹になり、凸凹の深さも均一ではありません。

 ポリッシングしてもなかなかなめらかにならず。。。

 と、いうことは、再度付着したプラークは、この凸凹の溝に

 入ってしまい更に蓄積されることになりますね。

 

 

 

 うずらの卵の表面模様もスケーラーで取ってみました。

 失敗すると殻が割れて木っ端微塵になります。

 獣医師でない人が無麻酔歯石取りをしていますが、

 このような状態で犬の歯を削ってしまっています。

 器具の消毒もきちんとされていない場合が多く、

 (通常、紫外線滅菌器で消毒します)

 しかも、歯石除去は治療に当たるので、獣医師法違反です、ね。

 絶対にやってもらうのはやめましょう。

 

 

星 「ドッグデンタルケア. トレーニング ソサエティ」を2017年1月1日に設立しました。

   犬の歯みがきを通じて、愛犬の健康寿命を延ばしていくことを飼い主さん達にお伝えしていきます。

   (歯みがき以外のトレーニングももちろん承ります)

   詳しくはコチラをご覧下さい。

 

 
 


 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ウェザーニュース

Book shelf

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM